NEO MONEY

クレディセゾンが発行する海外プリペイドカードのNEO MONEY(ネオマネー)

現金をチャージしてクレジットカードと同じように使える便利なカードです。

VISAと銀聯マークのあるお店で決済ができ、海外のATMから現地通貨を引き出すこともできます。

NEO MONEY

NEO MONEYの詳細を見る

NEO MONEYはクレジットカードが作れない人でも作れる便利なカード。

しかし、海外プリペイドカードはなじみが薄いだけに、本当に海外で使えるのか不安な人も多いではないでしょうか?

そこで、実際にNEO MONEYを海外で使ってみたので、使い勝手や感想をレポートします。

使ってみたからこそ分かるメリット・デメリット、使い方や手数料をすべて解説します。

これからNEO MONEYを作ろうか迷ってる人は参考にしてください。

NEO MONEYの概要

NEO MONEY

NEO MONEYはクレジットカードやデビットカードと違い、あらかじめチャージした金額だけが使える海外プリペイドカードです。

国内・海外のVISA・銀聯が使える店で決済でき、海外のATMでは現地通貨を引き出すことができます。

決済やATM利用には4%の手数料がかかりますが、それを含めても現金で両替するよりも割安です。

クレジットカードの代わりとして、または紛失したときのたの予備として持っておくと安心なカードです。

海外プリペイドカード比較!実際に使って分かったメリット・デメリット

メリット・デメリット

NEO MONEYのメリット

  • 入会審査が必要ない
  • 13歳以上から作れる
  • 国際ブランドにVISAと銀聯が選べる
  • 発行までの期間が短い(最短3営業日・セゾンカウンターなら即日発行が可能)
  • 利用金額と残高がメールで送られてくるので、その場で金額を確認できる
  • チャージ額までしか使えないので、使いすぎの心配がない

NEO MONEYのデメリット

  • 決済手数料・海外ATM利用手数料が高め
  • チャージしたお金を引き出すのに払戻し手数料500円がかかる
  • ICチップ未搭載のためセキュリティが弱い

手数料

入会金・年会費 無料
カード発行手数料 無料
チャージ手数料 無料
口座管理手数料 無料
海外サービス手数料 4%(海外ショッピング・海外ATMご利用時)
海外ATM手数料 200円(海外ATMで現地通貨引き出し時)
払戻し手数料 500円(税抜)

NEO MONEYの手数料はクレジットカード(1.5~2%)と比べると高め。他の海外プリペイドカード(マネパカードなど)と比べてもやや高めです。

しかし、NEO MONEYにはVISAが選べるという非常に大きなメリットがあります。

海外では圧倒的なシェアを誇るVISAが使えるので、使い勝手では一番使いやすいプリペイドカードでしょう。

NEO MONEYの内容をもっと見る

実際に使ってみて分かったこと

NEO MONEY

NEO MONEYを海外で使うときに一番心配なのは、「本当に海外の店で使えるんだろうか?」ということじゃないでしょうか。

というわけで、実際に海外で使ってみました。

僕は韓国に行ったときにNEO MONEYを使ってみたのですが、クレジットカードの使える店なら全く問題なく使えました。

店頭でカードを渡すときも「プリペイドカードです」と言わなくても大丈夫。

「VISA,please」と言うだけで、店員さんはいぶかしがる様子もなく決済してくれました。

ただし、日本で使用するときは店員さんが「なんだ?このカードは?」と不思議な表情を浮かべることはありました。

というのも、NEO MONEYはショッピングとATMでのチャージとでカードの差し込む向きが違うので、一瞬「どっちを差し込めばいいんだろう?」と迷ってしまうんですね。

ま、見れば分かるので何か聞かれたことはありませんが(笑)。

NEO MONEYの差し込む方向

一番便利だったのは、メールアドレスを登録しておけば利用後すぐに利用金額と残高が分かることです。

NEO MONEYで決済すると次のようにメールが送られてきて、その場で利用額が分かるんですよ!

利用金額と残高案内のメール

クレジットカードだと後日明細が届くまで分からないのですが、その場でいくら使ったかが分かるのは便利でした。

日本円で換算されるから、費用を管理しやすいのもいいところ。これなら使いすぎも防げそうですね。

ただし、手数料はクレジットカードより高いです。

NEO MONEYと楽天カードで比べてみたところ、韓国での買い物とATM利用では次のような差が出ました。

NEO MONEY 楽天カード
1万ウォンの買い物でかかった金額 960円 940円
ATMから3万ウォンを引き出したときの金額 3,439円 3,273円

ショッピングもATMもクレジットカードの方が安いのが分かります。

なので、クレジットカードを持っているならクレジットカードを使った方が得です。

あくまでNEO MONEYは「クレジットカードが使えないときの予備のカード」という位置づけがいいんじゃないでしょうか。

楽天カードは海外で問題なく使えるのか?海外での注意点とおすすめ理由を解説

また、ICチップが搭載されていないのでセキュリティはさほど強くありません。

ただ、チャージ金額以上は引き出されないので、クレジットカードを使うのがためらわれる店では現金に次いで活躍するでしょう。

親が子供の留学に持たせたり、金額の範囲内で使いたいときにはちょうどいいと思います。

NEO MONEYの特徴をもっと見る

申し込み方法

申し込み

NEO MONEYはオンラインと全国のセゾンカウンターで申し込みができます。

オンラインでの発行は最短3営業日、セゾンカウンターでは即日発行が可能です。

申し込みには本人確認書類マイナンバー確認書類が必要です。

本人確認書類 運転免許証、各種健康保険証、パスポートなど
マイナンバー確認書類 マイナンバーカード(個人番号カード)、マイナンバー通知カードなど

オンライン申し込みではスマホのカメラで撮影した書類をアップロードするだけ。とても簡単にできますよ。

NEO MONEYには次の3種類のカードがあります。

    NEO MONEYのカードの種類

  • NEO MONEY Visa
  • NEO MONEY Visa(海外専用)
  • NEO MONEY 銀聯

特別な理由がなければ、一番使い勝手のいい「NEO MONEY Visa」を選ぶといいでしょう。

VISAならクレジットカードが使えるほとんどの店で使えます。

NEO MONEYの種類

逆に「NEO MONEY Visa(海外専用)」は国内で使えないし、「NEO MONEY 銀聯」は中国でないと使い勝手が悪いので、わざわざ選ばなくてもいいでしょう。

申し込みは5分ほどで済むので、出発前に慌てないよう早めに準備しておきましょうね。

NEO MONEYに申し込む

使い方

NEO MONEYの使い方を解説します。

チャージ方法・海外ATM引き出し方法について説明していきますね。

チャージ方法

NEO MONEYへのチャージは「ATMからのチャージ」「振込によるチャージ」ができます。

「振込によるチャージ」は振込手数料がかかるので、無料でできる「ATMからのチャージ」の方がおすすめです。

ATMからのチャージ

ATMでのチャージ

NEO MONEYへのチャージは、セブン銀行ATM・クレディセゾンATM・ゆうちょ銀行ATMからできます。

どれも手数料は無料です。

ここではセブン銀行ATMでのチャージ方法を解説しますね。

カードをATMに差し込むと「クレディセゾンのお取引」になるので、「ご入金(返済)」を選択します。

ご入金

暗証番号を入力したら「プリペイドカード入金」を選択します。

プリペイドカード入金

「入金可能額」を確認し、入金する金額の紙幣を入れてください。チャージ金額を確認して確認ボタンを押します。

入金金額

カードと利用明細を受け取ったらチャージ終了です。

振り込みによるチャージ

振り込みによるチャージは、NEO MONEYの指定口座に振り込むことで残高に反映されます。

指定口座は都市銀行から地方銀行まで38の銀行に対応しています。

指定口座のある主な銀行

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行 など

残高は24時間以内(土・日・祝日は翌営業日)に反映されます。

振込は家族が行うこともできるので、日本にいる家族が留学中の子供に送金する手段としても使えます。

海外ATM引き出し

ATM引き出し

NEO MONEYを使えば、海外のATMから現地通貨を引き出すことができます。

ATMの操作は初めてのときは不安ですが、やってみると案外簡単にできますよ。

特に日本語に対応したATMなら、日本と同じような感覚で扱えるでしょう。

一例として、韓国の日本語対応ATMで引き出したときの流れを解説しますね。

まずは「VISA」か「PLUS」マークのあるATMにカードを差し込んでください。

右下にある「Foreign Languages」を押します。

Foreign Language

さらに右下から2番目の「Foreign Languages」を押します。

Foreign Language

「使用言語を選択してください」と出るので、「日本語」を選択します。

使用言語を選択してください

「海外で発行したカード」を選択します。

海外で発行したカード

「ご希望の取引のボタンを押してください」と出るので、「キャッシュサービス」を選択します。

キャッシュサービス

暗証番号を入力します。

暗証番号

引き出す金額を入力します。

引き出し金額

これで現金が引き出せます。カードと明細表を忘れないように取ってください。

NEO MONEYの引き出し方はクレジットカードと同じなので、他の国でも「国名 ATM クレジットカード 引き出し」などで検索すれば、解説サイトが見つかるでしょう。

海外でのATMの使い方は海外ATM使い方ガイド | Visaでも解説されています。

やってみると案外簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

NEO MONEY

このようにNEO MONEYは非常に使い勝手のいいプリペイドカードです。

実際に使ってみても利便性は実感しました。使った瞬間にメールで日本円の利用額が届くのはとても便利でした。

手数料の高さやセキュリティの弱さといったデメリットはあるものの、VISAが使えるというのは大きいです。

上限がチャージした金額までと決まっているので、次のような場面で使うといいでしょう。

    NEO MONEYの使いみち

    • クレジットカードを作れない人がクレジットカードの代わりに使う
    • クレジットカードが使えなかったときの予備として持っておく
    • 子供の旅行のお小遣いとして渡す
    • 子供の留学の送金手段として使う

海外ではどんな急な支払いが発生するか分かりません。

いざというときにプリペイドカードがあれば、急な支払いにも対応できます。

NEO MONEY(ネオマネー)の発行は簡単にすぐできるので、海外へ行く前はぜひ準備しておきましょう。

NEO MONEYに申し込む

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!