物乞い

インドは経済発展しているとはいえ、まだまだ貧しい国。貧富の差も強烈です。

インドを旅行していると、いたるところで物乞いと遭遇します。

日本では考えられない光景に、誰しもカルチャーショックを受けるでしょう。

「かわいそう」と思うかもしれませんが、全員にお金を与えていくわけにもいきません。

そこで、旅行者が物乞いに遭ったときの対応方法をお話します。

どうしてこんなに物乞いが多いのかというインドの裏事情や、危険な目に遭わないための注意点についても解説しました。

インドで遭遇するたくさんの物乞いの人々

物乞い

インドを旅行すると、日本では考えられないほどさまざまな種類の物乞いに出会います。

  • 車の窓を叩いて小銭をせがむ子供
  • 手足がなく地面を這って歩く少年
  • 障害のある子供を目の前で見せつける母親
  • やせ細った手でお椀を差し出してくる老人

特に多いのが、手がちぎれていたり足が変な方向に曲がっていたりする奇形の人たちです。

日本でも障害者の方を目にすることはありますが、その身体の変わり具合は日本とは比べものになりません。

言い方は悪いですが、ハリウッドの特撮かと思うぐらい奇妙な身体をした人がゴロゴロいます。

そして、そんな人たちが施しをもらうためにワラワラと旅行者の手首をつかんでくるわけです。

気の弱い人ならそれだけでショックを受けるかもしれません。

振り払うのも心が痛むし、かといって振り払わないわけにもいかないし・・・。

何もできない自分に歯がゆさを覚える人もいるでしょう。

でも、これがインドなんです!インドで起きている現実です。

現実を直視することだけが、旅行者に唯一できることではないでしょうか。

まずはその目でしっかりと現実を見てみましょう。

たくさんの物乞いがいる裏事情

物乞い

インドではたくさんの物乞いや障害者の人を目にしますが、これだけ多いのには裏事情もあります。

職業として、仕事として物乞いをしている人もいるんです。

たとえば障害のある赤ちゃんをレンタルする業者なんてのがあるそうです。

そこで赤ちゃんを借りた女性は一日物乞いで稼ぎ、タクシーに乗って自分の家へ帰っていく、とも言われています。

ビジネスとしての物乞いが中にはいるんですね。

また、物乞いで得たお金は裏でマフィアの資金源になっているという話もあります。

物乞いで同情を買うために手足を切断され、施しで得たお金をマフィアに取り立てられている人もいるそうです。

こういった人たちはグループで活動しています。

こうなってくると、どれが本物でどれが偽物か見分けがつきません。

たくさん物乞いがいる背景には、インド特有の複雑な事情があるのです。

バクシーシとカースト制度

インド特有の事情を知るには、「バクシーシ」と「カースト制度」についても知っておきましょう。

インドにはバクシーシという「喜捨」の概念があります。

バクシーシとは「裕福な者は貧しいものに施しを与えましょう」というイスラム教の教えです。

裏を返せば「施されて当然」という考えにもなります。

なので、インドでは子供が勝手にガイドを始めては、最後に「バクシーシ!」とお金をねだってきたりもするんです。

また、インドではカースト制度の影響が根強く残っています。

カースト制度とは

インドで生まれた独特な身分制度。

バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラの4つの身分に大きく分けられており、職業や結婚など人生において様々な制約を持っている。

現在は廃止されているが、地方によってはその意識が根強く残っているところも多い。

物乞いの家系に生まれた子は、物乞いでしか生活できない場合も多いのです。

物乞いはそういう人たちが生きるための「セーフティーネット」になっているという側面もあります。

旅行者がすべき対応とは

これらを知ったうえで物乞いに対するあなたの態度を決めましょう。

物乞いを「怠惰」と捉えるか、「文化・システム」と捉えるか、それとも「同情」の目で見るか。それはあなた次第です。

いずれにせよ、すべての物乞いに対応はできませんし、与えるだけでは解決しない現実もあります。

自分なりの基準やそのときの判断で、施すか施さないかは決めていけばいいでしょう。

どれを選んでも決して間違いではありません。

ただし、施しをあげるかあげないかの態度ははっきりさせておいた方がいいです。

しつこくつけ回してくる人もいますし、大勢で取り囲んでくる人たちもいます。

危険を感じたときはすぐにその場を離れましょう。

特に日本人は「お金持ち」と見られているので、十分に気をつけてください。

インドの治安ってどう?危険な目に遭わないためにすべきこと

初めて物乞いを見たときはショックを受けますが、日本では絶対できない体験ですので、あなたなりの感覚で向き合ってみてください。

この経験こそが、人生において貴重な財産になりますよ。

「経験を得ること」がインド旅行で最大のメリットですから。

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

インドツアー

インド通の管理人が教える、どこよりも詳しいインドツアー解説。

旅のスタイルごとにおすすめのツアーを紹介しています。

インドツアーの選び方

ひとり旅 | 女性向け | 現地オプショナルツアー


インドのホテルはヤバい!?

インドのホテル

予約前に知っておきたい、インドのホテルの実態。

日本人評価の高いおすすめホテルも教えます。

インドのおすすめホテル

デリーのホテル | アグラのホテル | ジャイプールのホテル | バラナシのホテル | 宮殿ホテル


航空券を安くゲットする!

航空券

航空券を安く買うには最低価格保証のサプライスがおすすめ。

インド行き航空券を最も安く買う方法を教えます。

インド行き航空券を安く買うには


旅行会社選びに迷ったら…

治安の悪いインドでは、初心者は大手のパックツアーが安心。

とりあえずHISから選んでおけば間違いありません。

HISでインドツアーを探す