クレジットカード

海外旅行では必須のクレジットカード。

買い物で決済したり、ATMからお金を引き出せたりする優れものです。

インドでも使える店は多く、ホテルやレストランでの支払いに活用できます。

しかし、インドは詐欺やぼったくりも多いので、スキミングなどの被害に注意しないといけません。

そこで、インドのクレジットカード事情や、旅行で使用するときの注意点についてお話します。

また、これからカードを作る人のために、インド旅行におすすめのクレジットカードも一覧にしました。

どんなクレジットカードを持っていけばいいのか、これから旅行する人は参考にしてください。

スポンサーリンク


インドでクレジットカードは使えるのか?

インドでは現金を使う場面が多いものの、クレジットカードも普通に使えます。

外国人観光客が行くホテルやレストランでは、だいたいクレジットカードが使えます。

こんなふうに店の前にカード会社のシールが貼られていますよ。

クレジットカードが使える店

国際ブランドではVISAの使える店が一番多く、次にMasterCardが多いです。

JCBやアメリカンエキスプレスも使えますが、ちょっと少な目です。

なので、インド旅行にはVISAとMasterCardの2枚を持っていくのがベストでしょう。

両方あればどちらかで対処ができます。

インド旅行におすすめのクレジットカード

ただし、庶民的なレストランや小さなホテルでは使えません。

ゲストハウスも場所によっては使えないところがあります。

インドのクレジットカード普及率は5%と言われています。

クレジットカードの決済が20~25%で、現金決済が70%を占めています。

まだまだ現金決済がメインの国ですので、クレジットカードは補助的な使い方をするのがいいでしょう。

高額紙幣廃止で現金決済がなくなる!?

銀行
↑高額紙幣廃止で銀行のATMに行列する人たち

2016年11月、インドのモディ首相は突如500ルピー札と1000ルピー札の高額紙幣を廃止しました。

ブラックマネー撲滅がねらいですが、キャッシュレス経済を推進する目的もあると言われています。

日本でいうと一万円札と五千円札が使えなくなったようなもので、高額な品物を買うには現金より電子決済が便利になります。

高額紙幣廃止に併せて、クレジットカードやモバイル決済で優遇や割引になる制度も出てきました。

今後、インドの決済が現金からデジタルへ移っていくか、注目が集まります。

クレジットカードを使うときの注意点

インドは日本と環境が違うので、クレジットカードを使うのに不安な人もいるんじゃないでしょうか。

ここでは、インドでクレジットカードを使うときの注意点を解説します。

スキミング

スキミングとはスキマ―という機械でカードの情報を読み取ることです。

スキミングの被害に遭わないためには、カードリーダーがレジに置いてあるか確認しましょう。

カードは目の前で切ってもらうようにし、店員がカードを持ったまま店の奥に行ってしまわないか、注視してください。

とはいえ、スキミングの被害に遭遇することはめったにありません。

それに、不正利用はたいていカード会社の保険で補償されるので、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。

カードリーダーの読み取り不良

インドではカードリーダーが磁気を読み取ってくれないことがたまにあります。

原因はよく分かりませんが、機械が古かったりするのでしょう。

カードが使えないときのために、もう1枚予備のカードを持っておくのがおすすめです。

通信回線の不良

インドはインターネット回線が不安定なために、カードを読み取っても情報がカード会社まで届かないことがあります。

その場合はエラーになるので、カードは使えません。

通信回線がつながらなければ決済できずお手上げです。なので、ある程度は現金も持っておくようにしましょう。

手数料

日本ではカード使用の手数料は店側が負担しますが、インドでは客側が負担することが多いです。

手数料は利用金額の2~3%。これが代金に上乗せされます。

決済通貨

カードを使用したときに、ルピーではなく日本円で決済されることがあります。

これ自体は違法ではないのですが、店側に有利なレートで計算されるため、ルピーで決済するよりも高くつきます。

支払う前に「イン ルピース プリーズ(In rupees pleas)」と言って、ルピーで決済してもらうようにしましょう。

暗証番号

ICカード付きのクレジットカードで支払う場合は、暗証番号(PINコード)が必要です。

また、ATMでキャッシングするときも暗証番号が必要です。

暗証番号は日本で必ず確認してから出発しましょう。

値段の打ち間違い

わざとやってるのか分かりませんが、値段を打ち間違えられることもあります。

桁が1つ増えていたり、悪質な店もあります。

カードで支払ったときは必ず明細を確認するようにしましょう。

スポンサーリンク


海外旅行でクレジットカードを持つメリット

買い物

海外旅行では不測の事態が起こりえます。財布をなくしたり、急な病気になったり。

そんな「いざというとき」に役立つのがクレジットカードなんです。

たとえば帰りの空港でお金がないとき、クレジットカードがあればお土産を買うことだってできます。

海外旅行にクレジットカードなしで行ける?作れない人の代わりの手段3つ

クレジットカードは決済に使うだけではありません。

海外キャッシングで現地のATMから現金を引き出すことも可能です。

ATM
↑デリーのATM

キャッシングは両替せずにルピーを入手できるから、お金がなくなったときに便利。

利息はかかりますが、現金から現金へ両替するより手数料が安く済みます。

デリーやムンバイなど大都市はATMもたくさんあるので、いざというときに使えますよ。

インドでの両替マニュアル!知っておきたいお金の基礎知識

また、クレジットカードの多くは海外旅行傷害保険が付帯しています。

万が一の病気やケガではサポートが受けられて、海外旅行保険の代わりとして使えます。

2枚持ち・3枚持ちで補償を合算すれば、アジア圏での病気や治療には十分対応できるでしょう。

インド旅行に海外旅行保険は必要?おすすめの保険はどれ?

身分証明書代わりにもなるし、クレジットカードは海外旅行では必須のアイテムです。

まだ持っていないなら、この機会に作っておきましょう。

インド旅行におすすめのクレジットカード

おすすめクレジットカード

インド旅行におすすめのクレジットカードを3枚紹介しますね。

インドではVISAMasterCardの2大国際ブランドがあれば、ほとんどの店をカバーできます。

片方が使えない場合も想定して、VISAとMasterCardの2枚を持っておくのがおすすめです。

あとは、年会費無料かどうか、海外旅行傷害保険が自動付帯しているかどうかをチェックしてください。

海外旅行保険が「自動付帯」のカードなら、旅行代金の支払いに利用しなくても持っているだけで保険が適用されます。

逆に「利用付帯」のカードは、旅行代金をクレジットカードで支払わないと保険が適用されないので注意が必要です。

また、日本でのポイントの貯めやすさも考慮に入れましょう。

  • VISAかMasterCardが選べる
  • 年会費無料
  • 海外旅行保険が自動付帯している
  • ポイント還元率が高い

この4つの観点で、おすすめのカードを判断しました。

すべて年会費無料のカードなので、まとめて持っておけば今後の海外旅行でも使えますよ。

エポスカード

エポスカード

国際ブランド VISA
年会費 無料
海外旅行傷害保険 自動付帯
ポイント還元率 0.50%~0.62%

エポスカードはHISでポイント3倍、日本旅行でポイント5倍貯まる、旅行者にとって魅力的なカードです。

年会費無料で海外旅行保険は自動付帯。

VISAブランドだから、インドで使える店も豊富です。

エポスカードが優れているのは、保険の疾病治療費にしっかりと270万円の補償がついているところ。

年会費無料で疾病治療費がこれだけついているカードは珍しく、治療費の安いアジア圏ならこれ1枚でたいていは事足ります。

他のカードの補償と合算すれば、今後は海外旅行保険に入る必要はなくなるでしょう。

頻繁に海外へ行く人なら必ず持っておきたいカードです。

エポスカードの詳細を見る

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

国際ブランド VISA
年会費 無料(条件あり)
海外旅行傷害保険 自動付帯
ポイント還元率 0.5%~1.0%

三井住友VISAカードは、海外旅行用のカードとしては定番中の定番です。

なんたってVISAは世界シェアNo1。

クレジットカードの使える店の99%はVISAが使えるので、とりあえずこれさえあればどこの国でも困ることはありません。

三井住友VISAカードには何個か種類がありますが、海外旅行におすすめなのはクラシックカードAです。

クラシックカードAの海外旅行傷害保険には、100万円の疾病治療補償がついています。

他のカードと組み合わせれば、海外旅行保険として十分に機能するでしょう。

ICチップ搭載で偽造や不正利用にも強く、インドのように治安の悪い国でも安心して使えます。

三井住友VISAカードの詳細を見る

楽天カード

楽天カード

国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
年会費 無料
海外旅行傷害保険 利用付帯
ポイント還元率 1.00%~4.00%

CMでもおなじみ、ポイントがザクザク貯まる楽天カード。

楽天市場でポイントが4倍、街の加盟店で使えばポイントが3倍貯まります。

年会費無料で誰でも作りやすいのも魅力のひとつ。

VISAもMasterCardも選べるから、予備のカードとして作っておけば安心です。

旅行代金をカードで支払えば最大2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯されます。

海外でも国内でも活用できるとてもお得なカードです。

楽天カードの詳細を見る

いかがだったでしょうか。

クレジットカードの審査には時間がかかるので、旅行に間に合わせるには早めに申し込んでおきましょう。

クレジットカードは持っておくと、いざというときに役立ちます。

インド旅行のお供に携えて、楽しい旅行にしてくださいね。

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

インドツアー

インド通の管理人が教える、どこよりも詳しいインドツアー解説。

旅のスタイルごとにおすすめのツアーを紹介しています。

インドツアーの選び方

ひとり旅 | 女性向け | 現地オプショナルツアー


インドのホテルはヤバい!?

インドのホテル

予約前に知っておきたい、インドのホテルの実態。

日本人評価の高いおすすめホテルも教えます。

インドのおすすめホテル

デリーのホテル | アグラのホテル | ジャイプールのホテル | バラナシのホテル


航空券を安くゲットする!

航空券

航空券を安く買うには最低価格保証のサプライスがおすすめ。

インド行き航空券を最も安く買う方法を教えます。

インド行き航空券を安く買うには


旅行会社選びに迷ったら…

治安の悪いインドでは、初心者は大手のパックツアーが安心。

とりあえずHISから選んでおけば間違いありません。

HISでインドツアーを探す