アゴダ

Agoda(アゴダ)はアジア圏に強いホテル予約サイトです。

Booking.comやエクスペディアに比べると知名度は低いですが、アジアのホテルなら最安値で予約できることが多く、僕も海外へ行くときはよく利用しています。

Agoda(アゴダ)を見る

とはいえ、知名度が低いだけに「本当に大丈夫なの?」「トラブルに巻き込まれたりしない?」と不安に思ってる人もいるのではないでしょうか。

そこで、実際にAgoda(アゴダ)を使ってホテルに泊まったときの感想をお話します。

韓国のホテルにAgoda(アゴダ)を使って泊まってきたので、Agoda(アゴダ)に書かれているホテルの口コミは正しいのかを検証します。

部屋は口コミに書かれている通りだったのか? チェックインや支払いでのトラブルはなかったのか?

Booking.comとの比較も一覧にしたので、ホテル予約サイトを選ぶときの参考にしてください。

スポンサーリンク


Agoda(アゴダ)とBooking.comの比較

Agoda(アゴダ)とBooking.comはよく比較されますが、両社はライバル関係ではありません。

両社は同じプッキング・ホールディングスのグループ会社です。

そのため、Agoda(アゴダ)で予約したホテルでも契約はBooking.comで行っています。

ホテルからの連絡メールでは、Agoda(アゴダ)で予約したのにBooking.comの連絡先が書いてあることがあります。

AgodaとBooking.comの関係

つまりAgoda(アゴダ)とBooking.comは、得意なエリアや予約システムで住み分けがされた関係なんです。

では、両社にはどんな違いがあるのでしょうか。

Agoda(アゴダ)とBooking.comの違いを一覧にしました。

Agoda Booking.com
得意なエリア アジア圏 欧米圏
得意な価格帯 安宿~中級ホテル 中級ホテル~高級ホテル
支払い方式 クレジットカードで前払い 現地で現金払い
価格表示方式 税金・サービス料別 税金・サービス料込み

Agoda(アゴダ)はシンガポールに本社があるため、アジア圏のホテルに強いです。

安宿や地方のホテルも豊富に掲載しているので、バックパッカー向きの予約サイトと言えます。

逆にBooking.comは欧米圏に強く、高級ホテルなどを予約するのに向いています。

たまに「Agoda(アゴダ)で予約したホテルが最悪だった」という口コミも見かけますが、そもそも安いホテルが多く載ってるサイトなので、質はそこそこなのが普通なんですね。

支払い方式はAgoda(アゴダ)がクレジットカードによる前払いです。

Booking.comはクレジットカードで予約だけして、現地で現金で支払うことができます。

Agoda(アゴダ)の方が予約はラクですが、柔軟性はBooking.comの方が上です。

注意してほしいのは価格の表示方式です。

Agoda(アゴダ)は税金とサービス料が別で表示されるため、決済価格が最初の表示より高くなります。

表示価格

決済価格

なので、Agoda(アゴダ)とBooking.comを比べるときは、税金とサービス料も含めた金額で比較するようにしましょう。

Agoda(アゴダ)でホテルを探す

Booking.comでホテルを探す

韓国でAgoda(アゴダ)を使ってみた

韓国

韓国でAgoda(アゴダ)を使ってみたので、感想をレポートします。

僕が予約したのは「ホステルJステイ」という、ソウルの明洞にある二つ星の格安ホテルです。

ホステルJステイ

なんたって最安値が2,974円という格安料金がいいですね!

Agoda(アゴダ)はこのように50%割引以上の部屋がゴロゴロと出てくるのがいいところです。

口コミ評価も8.3でまずまずだし、一泊で寝るだけのホテルなのでここに決めました。

予約画面では「後日支払い」と「今すぐ支払い」が選べます。

「後日支払い」では出発の数日前にクレジットカードによる決済が行われ、それまでならキャンセルも無料になります。

支払い方法

「後日支払い」にすると、決済には決済日当日の為替レートが適用されます。なので、最初の値段と変わることがあります。

僕の場合は予約時は3,676円でしたが、決済時は3,786円になりました。110円の差ですね。

このようにAgoda(アゴダ)は予約と決済の価格にズレがあるので、為替が大きく動くときは気をつけましょう。

Agoda(アゴダ)のサイトを見ると、ホテルの口コミはこのように書かれていました。

一瞬怪しい路地に入り不安でしたが、全然普通のホテルでした。むしろこの値段でトイレシャワーきちんと別になっており、ベッドもツインで、スーツケース2人広げられるほどの広さで驚きです。

少し路地に入るけど、中はすごく綺麗でした! 日本語が話せるスタッフもいて安心でした。部屋も綺麗で、お風呂も水圧も問題ありませんでした。

スタッフも日本語OKで親切! ただ、部屋の掃除があまり行き届いていなくて、埃や髪の毛が落ちていたのが気になりました。総合的には満足なので、また利用したいです。

さすが評価が8.3のホテルだけあって、良い口コミが多いですね。

気になるのはホテルまでの路地が怪しげというところ。果たして口コミは本当なのか……。

というわけで、現地でホテルへ向かってみました。

確かにホテルの周りは薄暗かったのですが、人通りが多いからそんなに気になりませんでした。

雑居ビルの中にあるので、入口が分かりにくかったのが気になる位です。

ホステルJステイの入口

ホテルのカウンターでは日本語を話せるスタッフがいました。これも口コミの通りですね。

「予約が入っていない」というようなトラブルもなく、問題なくチェックインできました。

部屋もご覧の通り快適! ツインベッドでシーツがきれいに整っています。

アゴダで予約した部屋

アゴダで予約した部屋

シャワーとトイレがつながっているため、シャワーを使うとトイレが水浸しになるのが難点ですが、これは韓国のホテルならよくあることです。

3,786円でこのレベルなら十分満足でしょう。二人で泊まれば1,893円という激安価格になりますし。

しかもこのホテルには朝食のサービスがあって、自分でパンを焼いて食べることができるんですよ。

朝食サービス

この料金で朝食サービスつきというのはスゴイ。

非常に質素な朝食ですが、貧乏旅行にはとてもありがたいです。

というわけで、韓国でAgoda(アゴダ)を使った体験談でした。

感想はとても満足です。さすがアジアに強い予約サイトだけあって、いいホテルに激安価格で泊まれることが分かりました。

トラブルもまったくなくチェックインもすんなりできたし、口コミで見た評判も正しかったです。

Agoda(アゴダ)では最大で75%割引の部屋が見つかることもあります。

アジアで格安ホテルを探すなら、Agoda(アゴダ)もチェックしておくといいでしょう。

エリアや価格帯によって、Agoda(アゴダ)とBooking.comの二つのサイトをうまく使い分けるのがいいと思います。

Agoda(アゴダ)でホテルを探す

Booking.comでホテルを探す