ムンバイ

ムンバイはインド西部にあるインド最大の都市です。

街には高層ビルが立ち並び、経済や文化の中心地として発展を遂げています。

ムンバイは世界第6位の人口を誇る国際都市だけあって、国際色豊かな最先端のインドと触れ合うことができます。

ここでは、ムンバイの見どころや観光スポットを詳しく紹介します!

ムンバイへの行き方、おすすめスポット、観光モデルコース、現地オプショナルツアーなど、実際の旅で役立つ情報を教えますね。

スポンサーリンク


ムンバイってどんな街?

ムンバイ

ムンバイはかつてボンベイと呼ばれ、イギリスの植民地として発展してきた歴史を持っています。

現在では首都のデリーを上回る大都会で、金融・ビジネスの拠点として日本の企業も多く進出しています。

そのため街の雰囲気は非常に国際的。オシャレなレストランや最新のファッションに身を包んだ人々など、他の都市にはない洗練されたインドを見ることができます。

とはいえ格差もすさまじく、映画「スラムドッグミリオネア」ではムンバイのスラム街が描かれました。

高層ビル群の中に点在するスラム街は、インドの強烈な格差社会を象徴しているのではないでしょうか。

こういった新旧入り混じった独特の雰囲気が味わえるのもムンバイの魅力ですね。

旅行者にとっては、ムンバイは南インドを旅するときの拠点としても利用されます。

デリーほど治安が悪くなく、初めてインドを訪れる人でもわりとすんなり溶け込めますよ。

ムンバイの治安

インドの金融街であるムンバイは、他の都市と比べると治安は比較的良好です。

現代的なファッションに身を包んだインド人を多く目にし、外国人でも安全に過ごせます。

ただ、観光地では観光客を狙ったスリなどがいるので、手荷物やスマホの管理は十分気をつけましょう。暗い夜道も避けた方が無難です。

また、2008年に起きた同時多発テロ以降大きなテロは起きてませんが、かつてテロの舞台となった街なのでニュースはまめにチェックしておきましょう。

インドの治安ってどう?危険な目に遭わないためにすべきこと

見どころ・観光スポット

ムンバイの見どころ・観光スポットを紹介します。

ムンバイにある世界遺産はチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅エレファンタ島の石窟群の2つ。

そのほかにも雄大にそびえ立つインド門や、市内最大の屋外洗濯場であるドービーガートも見逃せません。

イギリス植民地時代のコロニアル建築を眺めながら、国際的な雰囲気を堪能して回りましょう!

インド門

インド門

インド門は国内外の旅行者がムンバイを観光する際は絶対訪れる、人気の観光スポットです。

1911年にジョージ5世とメアリー王妃のインド訪問を記念して建てられ、1924年に完成しました。

アラビア海に面するその姿は「ムンバイのタージマハル」とも呼ばれ、いつも観光客や物売りでにぎわっています。

インド門周辺ではみやげ物売りが多数声をかけてくるので、購入する気がない場合はあまり応対しないほうが無難です(いったん返答するとしつこく営業されます)。

また、写真撮影に夢中になるあまりひったくりに合う可能性も高いので、カバンは必ず閉めておきましょう。

タージマハルホテル

タージマハルホテル

インド門の向かいには五つ星ホテルのタージマハルホテルがあります。

正式名称は「タージマハルパレス」ですが、一般的には「タージマハルホテル」で通じます。

ムンバイの資本家であるジャムセットジ・タタが白人専用のホテルで入場を断られたことに怒って、インド人の手で作られたホテルと言われています。2008年には「ムンバイ同時多発テロ」の標的にもなりました。

世界中のVIPが集うタージマハルホテルは、ムンバイの観光スポットにもなっています。

バックパッカーだとさすがに宿泊するには高すぎますが、ロビーやレストランへ入ることは可能。

中には高級レストランやカフェ・バーがあるので、休憩がてら優雅にランチやコーヒーをいただくこともできます。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(通称CST駅)はコロニアル建築の代表的な建物で、世界遺産にも登録されています。

現在も多くの人が日常的に利用するターミナル駅で、毎日たくさんの列車・乗客が行き交います。

2008年ムンバイ同時多発テロの現場の一つで、よく見ると駅の柱などに銃跡が残っていたりもします。

映画「スラムドッグミリオネア」のエンディングシーンもこの駅で撮影されました。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

駅の中はインド各地にある主要駅と変わらずごみごみしていますが、少し離れた場所からの優雅な外観は一見の価値ありで、青空が見える日はインスタ映え間違いなしです。

ムンバイの街でよく見る黒と黄色の伝統的なタクシーも、駅前で見ると風情を感じます。

マニ・バワン(ガンジー博物館)

マニ・バワン

マニ・バワン(ガンジー博物館)は、マハトマ・ガンジーがムンバイでの滞在先として使用していた邸宅で、現在は博物館となっています。

ガンジーの関連書籍を所蔵する図書館と、彼の写真や遺品の展示を見ることができます。

ガンジーがヒトラーへ宛てた手紙などを見ると、彼の偉大な功績を間近に感じられます。

周辺は住宅街で少し分かりにくい場所にあるので、タクシーやオートリキシャを使って行くといいでしょう。

マニ・バワン(ガンジー博物館)

定休日
無休
入場料
無料

ドービーガート

ドービーガート

ドービーガートはムンバイ市内最大の屋外洗濯場です。

ドービーとはヒンディー語で「洗濯する人」の意味で、「ドービーガート」は洗濯場を表します。

今でも田舎ではドービーが洗濯をしに各家庭を訪れたり、インド各地にあるドービーガートでまとめて洗濯されたりしています。

ドービーガート

ムンバイのマハラクシミ駅近くにあるドービーガートは、その大きさから観光地としても非常に有名です。

昔と違い洗濯機や乾燥機などの機械も使うドービーもいますが、ところ狭しと干されているベッドシーツやシャツなどの洗濯物風景は圧巻です。

見学のしかた

ドービーガートの見学は、洗濯物があちこちに干されている様子を見るなら午前中に行くのがおすすめです。

ドービーガートの様子を上から見るだけなら、特に入場料やチップを払う必要はありません。

中に入るのに入場料は必要ありませんが、ガイドと一緒に行くか旅行会社が運営する見学ツアーで入るのをおすすめします。

入口の前に多数の「自称ガイド」がいるので、彼らにチップを払って案内してもらうことが可能です。

ガイドの料金は交渉次第で、200~300ルピー(約300~450円)ほどが相場と言われています。外国人の場合は500ルピー(約750円)ほど支払うと、お互い気持ちよく見学できるかと思います。

エレファンタ島

エレファンタ島

エレファンタ島はムンバイ湾にある島で、ムンバイでは外せない観光スポット。

世界遺産にも登録されており、島の中にはインドの三大神の一人シヴァ神が祀られている石窟寺院があります。

石窟寺院へは階段を上っていきますが、両側に洋服や工芸品などいろんなお店が出ており、道中はとても楽しいです。

石窟寺院内ではさまざまなシヴァ神が彫刻されていて、なかでも「踊るシヴァ神」や「3つの顔を持つシヴァ神」などが有名です。

行き方と入場料

エレファンタ島へはインド門の裏の乗船場から船に乗って行きます。

エレファンタ島行きの始発は9:00、復路の最終便は17:30。料金は往復180ルピー(約270円)です。

所要時間は約1時間。船はピーク時には10分間隔で出航しています。月曜日は閉まっているのでご注意ください。

石窟寺院には別途入場料が必要で、外国人は500ルピー(約750円)と島のゲートで入島税5ルピー(約2.5円)を払います。

スポンサーリンク


ムンバイへの行き方

ムンバイの地図

ムンバイはアラビア海に面したインド西部の街。首都デリーから約1,140km離れた場所にあります。

ムンバイへの行き方は、基本的には飛行機か鉄道になります。

ムンバイの空港はインド各地を結ぶハブ空港としても機能しており、インド国内からも日本からもさまざまな方法でアクセスが可能です。

ムンバイを拠点にすると、世界遺産の石窟寺院があるエローラとアジャンターを一緒に観光することができます。

ムンバイからアウランガーバードへ移動して一泊し、エローラとアジャンターを回るルートを組むといいでしょう。

インド旅行のおすすめルート【日数別】定番から穴場まで

ただし、ムンバイをはじめとする南インド行きのパックツアーは数が少なく、あまり良いスケジュールのものが出回っていません。

なのでムンバイを拠点に旅行するなら、航空券とホテルを自分で手配する個人旅行(ダイナミックパッケージ)で行くのがいいでしょう。

航空券+ホテルで予約するなら、エクスペディアでオリジナルプランを作るのをおすすめします。

エクスペディア

旅行予約のエクスペディア

エクスペディアなら、航空機の出発時間からホテルの部屋まで思い通りのプランが作れます。

航空券+ホテルをセットで取れば、ホテル代が最大全額OFFにもなるのもうれしいところ。

ムンバイを中心に旅行するときは、まずエクスペディアでツアーを見積もってみるのがいいでしょう。

エクスペディアのツアーを見る

飛行機

ムンバイへは全日空が直行便で毎日1便、東京・成田から約10時間のフライトで就航しています。

経由便ではエア・インディアが東京・成田からデリー経由で週3便就航しています。こちらの所要時間は約13時間です。

ほかにもタイ国際航空がバンコク乗り継ぎ、シンガポール航空がシンガポール乗り継ぎでムンバイ行きの便を就航しています。

国内線ではデリー~ムンバイ間でエア・インディアが毎日13~14便、ジェットエアウェイズが毎日14~15便運航しています。所要時間は約2時間。

このほかにも多数のLCCが発着しています。

チェンナイ・ベンガルール・ジャイプール・バラナシなど各都市行きの便が頻繁に出ているので、ムンバイから国内のあるゆる都市へ移動できます。

インドの航空券を安く購入する方法は、下記の記事を参考にしてください。

インド行き航空券を安く買うには 後悔しない飛行機の選び方

ムンバイ空港から市内への行き方

ムンバイの空港は市内から26km離れた場所にあるチャトラパティ・シヴァージー国際空港です。

チャトラパティ・シヴァージー国際空港は国際線と国内線でターミナルが分かれており、2つのターミナルは約4km離れています。

国際線はすべて国際線ターミナル(T2)から発着していますが、国内線は国内線ターミナル(T1)からも発着しているので、行き間違えないようにしましょう。

なお、国内線ターミナルは旧名称で「サンタクルス空港」と呼ばれることもあります。

2つのターミナル間では、無料のシャトルバスが随時運行しています。

チャトラパティ・シヴァージー国際空港

空港から市内への行き方は、プリペイドタクシーかオートリキシャを使う方法が一般的です。

インド門のあるコラバ地区へはプリペイドタクシーで1~2時間ほど。料金は700ルピー(約1,050円)前後が相場です。

鉄道で行くこともでき、国際線ターミナルならアンデリー駅、国内線ターミナルならサンタクルズ駅から市内のチャーチゲート駅まで郊外列車が出ています。

ただし空港から最寄り駅まではタクシーかオートリキシャで移動しないといけないので、便利とは言えません。

初めて入国するときは安全のためにもなるべく旅行会社やホテルの送迎を利用した方がいいでしょう。

オプショナルツアーで空港送迎のみを頼むこともできるので、上手に活用してください。

ムンバイの空港送迎プランを見る

鉄道

ムンバイへの鉄道は、デリーからだと特急のラージダーニー・エキスプレスが1日1便運行しています。所要時間は約16時間。

急行は1日4~6便運行しており、所要時間は20~31時間です。

そのほかにチェンナイ・コルカタなどインドの各都市から急行が乗り入れています。

インドの鉄道 列車の乗り方・予約のしかた・安全ガイド

ムンバイ観光モデルコース

ムンバイ観光

ムンバイはゆっくり観光するなら1泊2日がおすすめです。

1日目はドービーガートやチャトラパティ・シヴァーシー・ターミナス駅など市内を中心に回り、2日目はエレファンタ島観光にあてるといいでしょう。

ムンバイ観光モデルコース

【1日目】

  • 09:00 ドービーガート見学
  • 10:00 マニ・バワン(ガンジー博物館)見学
  • 12:00 チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅見学
  • 12:30 駅近くのレストラン/カフェ/屋台でランチ
  • 14:00 建物も庭も美しいチャトラパティ・シバジ・マハラジ博物館(旧プリンス・オブ・ウェールズ博物館)見学
  • 16:00 タージマハルホテルでカフェ/ホテル裏のスタバでカフェ
  • 17:00 ちょっと涼しくなったところで、インド門見学&マリンドライブ(インド門前ビーチ)散歩
  • 18:00 マリンドライブ沿いのホテルにチェックイン

【2日目】

  • 09:00 フェリーでエレファンタ島へ
  • 10:00 エレファンタ島観光
  • 12:00 フェリーでインド門へ
  • 13:00 タージマハルホテルまたはインド門周辺レストランでランチ(エレファンタ島内でも食事可能です)

観光客が最もよく訪れるのが、インド門のあるコラバ地区です。ここにはタージマハルホテルや、エレファンタ島への乗船場もあります。

そしてコラバ地区の北側にはフォート地区があり、ここにはチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅とチャーチゲート駅があります。インド各地からの列車はこのどちらかの駅に到着します。

ムンバイ観光地図

ムンバイ観光地図

市内の移動はタクシー配車アプリが充実しており、ウーバーや地場大手Ola(オラ)のタクシーがあちこちで乗れます。

アプリではオートリキシャも選択でき、料金交渉の必要がないのでぼられる心配もありません。

その都度利用するのも半日(849Rs~)や1日(1,649Rs~)単位でチャーターするのも、旅行会社で手配するより断然お得です。

ウーバーやOlaが使えない場合は、オートリキシャで基本的にどこでも移動できます。

ただし、中心部のコラバ地区やフォート地区へはオートリキシャの乗り入れが禁止されているので注意してください。

インドのリキシャの乗り方、料金相場、ぼったくられない交渉術

滞在エリア

ムンバイで宿泊するなら、インド門近くマリンドライブ沿いのホテルに泊まると快適な一日を過ごせます。

インド門周辺はレストラン・カフェ・バー・雑貨店などが多数あり、ブラブラと街歩きを楽しめます。お店も庶民派レストランから高級店まで種類豊富です。

空港周辺にもレストランは多数ありますが、一ヶ所に集中していないのでちょっと使いにくいんですね。

なので、「マリンドライブ沿いに宿泊して、食事・ショッピングはインド門周辺でする」というプランがベストです。

ムンバイのホテル 便利な宿泊エリアと高級&格安おすすめホテル8選

食事は地元の人が通う庶民派レストランだと1品50ルピー(約75円)ぐらいから食べられ、こぎれいな店だと二人で1,200~3,000ルピー(約1,800~4,500円)で食べられます(アルコール除く)。

他のインドの都市と比べるとムンバイは物価が高く、高級レストランや5ツ星ホテルのレストランになると一人あたり3,000~10,000ルピー(約4,500~15,000円)ほどかかることもあります。

ほとんどのレストラン情報はインドのレストランガイドZOMATOで調べることが可能です。

メニューや料金がしっかり掲載されているので、不安な場合はレストランに入る前にZOMATOで調べるといいでしょう。

ムンバイは国際色豊かな街なので、インド料理以外の各国料理を味わうのもおすすめですよ。

インド旅行で出てくる料理&知っておきたい食事の知識

オプショナルツアー

パックツアーが少ないムンバイでは、オプショナルツアーを利用すると効率的に観光が楽しめます。

個人では行きにくいスラム街を訪問するツアーや、エレファンタ島の半日観光など、ガイドがいるからこそ安全に楽しめるツアーがあります。

インド現地オプショナルツアーの選び方!安全な旅行会社一覧

ムンバイでのオプショナルツアーは、VELTRAが魅力的なツアーをそろえています。

VELTRA

VELTRAには市内観光だけでなく、ムンバイ発でエローラとアジャンターを1泊2日で回るツアーもあります。

ムンバイからアウランガーバードで1泊してエローラとアジャンターを見て回れば、エレファンタ島・エローラ・アジャンターという3つの世界遺産を制覇できますよ。

オプショナルツアーを使えば西インドを効率的に周遊できるので、うまく活用してください。

ムンバイのオプショナルツアーを見る

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

インドツアー

インド通の管理人が教える、どこよりも詳しいインドツアー解説。

旅のスタイルごとにおすすめのツアーを紹介しています。

インドツアーの選び方

ひとり旅 | 女性向け | 現地オプショナルツアー


インドのホテルはヤバい!?

インドのホテル

予約前に知っておきたい、インドのホテルの実態。

日本人評価の高いおすすめホテルも教えます。

インドのおすすめホテル

デリーのホテル | アグラのホテル | ジャイプールのホテル | バラナシのホテル | 宮殿ホテル


航空券を安くゲットする!

航空券

航空券を安く買うには最低価格保証のサプライスがおすすめ。

インド行き航空券を最も安く買う方法を教えます。

インド行き航空券を安く買うには


旅行会社選びに迷ったら…

治安の悪いインドでは、初心者は大手のパックツアーが安心。

とりあえずHISから選んでおけば間違いありません。

HISでインドツアーを探す