ポケトークレンタル

海外で現地の人とリアルタイムの会話ができるポケトーク。

ボタン一つで瞬時に言葉の変換ができる「夢の通訳機」です。

なんだか未来の道具のようで、海外へ行くなら「使ってみたい」と思ってしまいますよね!

でも、「そんなにしょっちゅう海外旅行へ行くわけじゃないから、買わなくてもいいか……」と、あきらめてる人は多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのがポケトークのレンタルです。

レンタルなら1日500円程度でポケトークを使うことができます。

ここではポケトークをレンタルできる業者を比較して一覧にしました。

最安値でレンタルできる業者はどこなのか、価格や受取空港でベストな業者はどこなのかを解説していきます。

海外でポケトークを使いたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク


レンタルする前に知っておきたいこと

ポケトークをレンタルする前に、使い方で知っておきたいことがあります。

ポケトークはインターネットに接続した状態で使います。

なので、WiFiにつながる環境でないと使えません。

つまり、ポケトークだけを持って行っても、ネットのない場所ではほとんど使えないんです。

海外で使うなら、海外用モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)とセットで使いましょう。

WiFiルーターを使えば、このように現地の電波をWiFiルーターがキャッチして、ポケトークにつなぐ形で使えます。

ボケトークとWiFiルーター

海外WiFiルーターをレンタルしている業者では、ポケトークを「オプション」としてつけることができます。

海外WiFiルーターとポケトークをセットでレンタルするのが、海外旅行では一番ポピュラーな使い方です。

WiFiルーターがあればスマホも使えるし、海外でどこでもネットにつなぐことができます。

海外WiFiレンタルの業者ではグローバルWiFiイモトのWiFiが有名なので、チェックしてみてください。

グローバルWiFiとイモトのWiFiの比較!両方使って良かったのはどっち?

海外WiFiレンタル以外では、ポケトークだけをレンタルしている業者もあります。

しかし、WiFiがないとつながらないため、オフィスなどビジネスシーンで使うケースがほとんどだと思います。

ただ最近は、WiFiがなくてもつながるグローバルSIM搭載型のポケトークを貸し出している業者も出てきました。

グローバルSIM搭載型なら、現地の通信会社とつないでどんな場所でもポケトークを使うことができます。

料金は高くなりますが、ポケトークを単体で使いたいなら、こういったグローバルSIM搭載型を貸し出す業者を使うのも手です。

ポケトークとポケトークWの違い

ポケトークとポケトークW

ポケトークには初代モデルの「ポケトーク」と、新型の「ポケトークW」があります。

ポケトークWは初代と比べて対応言語や翻訳速度が上がっただけでなく、大きなディスプレイで会話内容を文字で確認できます。

僕も使ってみましたが、新型は本当に変換が早くて会話がスムーズに運びますよ。

レンタル業者が貸し出しているのは、ほとんどが新型の「ポケトークW」です。

ポケトークがレンタルできる業者一覧

ポケトーク

ポケトークがレンタルできる業者をまとめました。

「海外WiFiルーターとセットで借りられる業者」と「ポケトーク単体で借りられる業者」を順に紹介していきますね。

海外WiFiルーターとセットで借りられる業者

海外WiFiレンタル業者でポケトークをオプションで借りられるのは、「イモトのWiFi」と「グローバルWiFI」の2社です。

両社のポケトークのレンタル料金を比較してみました。

業者名 価格(税込)
グローバルWiFi 864円/1日
イモトのWiFi 540円/1日

両社のうち、ポケトークが最安値でレンタルできるのはイモトのWiFiです。1日540円という格安料金でレンタルができます。

使える?ポケトークをイモトのWiFiでレンタルしてみた!感想と口コミ

ただし、グローバルWiFiはWiFiルーター自体のレンタル料が安いため、トータル費用ではグローバルWiFiの方が安く済むケースがあります。

グローバルWiFiはこのページから申し込むと総額5%割引+空港受渡手数料無料の特典が受けられるので、全体の費用が抑えられるからです。

なので、申し込むときはグローバルWiFiとイモトのWiFiで料金を比較して、安い方を選ぶといいでしょう。

グローバルWiFiの料金を見る

イモトのWiFiの料金を見る

グローバルWiFiのサービスについて

グローバルWiFi

グローバルWiFiは価格が安いのはもとより、サービスの面でも非常に優れたレンタル業者です。

高速4G回線が使える国は業界最多だし、機器のバッテリー持続時間が長かったりと、他社にはないメリットを持っています。

↓こちらでは僕がグローバルWiFiを使ったときの体験談も書いているので、申し込むときの参考にしてください。

グローバルWiFiの感想と口コミ!実際に使って分かった良い点・悪い点

ポケトーク単体で借りられる業者

ポケトーク単体で借りられる業者は、WiFiなしで接続できる「グローバルSIM搭載モデル」を貸し出す業者と、「WiFi接続モデル」を貸し出す業者があります。

WiFiルーターをレンタルしないのであれば、「グローバルSIM搭載モデル」を選んだ方が使い勝手はよいでしょう。

業者名 価格(税込) 接続方法
TripFever 962円/日 グローバルSIM
ププル 756円/日 グローバルSIM
JALABC 800円/日 WiFi

1日当たりの料金が安いのはププルです。

しかし、配送料・受渡手数料を含めるとTripFeverが安くなるケースが多いです。

まずはトータル料金を調べてみて、一番安いところからレンタルするのがいいと思います。

TripFeverの料金を見る

空港で受け取れる業者一覧

空港受け取り

ポケトークをレンタルするなら、空港で受け取って空港で返却すれば手間がかかりません。

受け取り時にスタッフが使い方を説明してくれるし、帰りは返却BOXに返すだけなので荷物にもならずに済みます。

空港でポケトークを受け取れる業者は、グローバルWiFi・イモトのWiFi・TripFever・JALABCの4社です。

それぞれの受け取り可能空港を一覧にしました。

業者名 受取可能空港
グローバルWiFi 成田空港、羽田空港、関西国際空港、伊丹空港、中部国際空港、新千歳空港、旭川空港、仙台空港、静岡空港、新潟空港、小松空港、福岡空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港(返却BOX)、那覇空港
イモトのWiFi 成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港
TripFever 成田空港、羽田空港、関西国際空港、伊丹空港、中部国際空港、新千歳空港、福岡空港、宮崎空港
JALABC 成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港

この中で最も受取可能空港が豊富なのはグローバルWiFiです。

グローバルWiFiは国内17空港で受け取ることができ、地方空港でも受け取ることができます。

また、通常は500円程度かかる空港受渡手数料もグローバルWiFiなら無料になるので、トータルコストが節約できます。

グローバルWiFiでレンタルする

購入とレンタルの価格比較

ポケトークの購入

ポケトークのレンタルは安く済みますが、頻繁に使うなら買ってしまった方が早いかもしれません。

店舗で接客用に使う場合や、法人で商談に使う場合などは、レンタルよりも購入の方が向いています。

購入できるポケトークには「グローバル通信なし」のモデルと「グローバル通信2年つき」のモデルがあります。

「グローバル通信2年つき」のモデルなら、WiFiがなくても2年間は無料で通信することが可能です。

ソースネクスト公式サイトによると、価格は「グローバル通信なし」のモデルが24,880円、「グローバル通信2年つき」のモデルが29,880円です。

ポケトークWの価格

  • グローバル通信なし・・・24,880円
  • グローバル通信2年つき・・・29,880円

公式サイト以外では、楽天やAmazonでも購入することができます。

とはいえ、年1~2回の海外旅行で使うならレンタルでも十分だと思います。

購入にするかレンタルにするかは、使用頻度に応じて選んでくださいね。

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!