ジャイプール

ジャイプールは街の建物がピンク色で統一されている、ピンクシティと呼ばれる街。

かわいい街並みがインスタ映えするとあって、女性にも人気があります。

風の宮殿、アンベール城、ジャンタル・マンタル天文台など、見どころもたくさん。

インドはバックパッカーのイメージが強いですが、ジャイプールでは優雅な旅が似合います。

マハラジャの栄華が漂うこの街では、宮殿ホテルに泊まったり宝石を物色したり、ちょっとリッチに過ごしてみてはいかがでしょうか。

物価が安いのでリーズナブルに王様気分が味わえますよ。

ここでは、ジャイプールの見どころや観光スポットを詳しく紹介します!

ジャイプールへの行き方、おすすめスポット、観光モデルコース、現地オプショナルツアーなど、実際の旅で役立つ情報を教えますね。

スポンサーリンク


ジャイプールってどんな街?

ジャイプール

ジャイプールはデリーから南西266kmにあるラジャスターン州の州都です。

1876年にイギリス王子が訪問した際に、当時のマハラジャ(藩王)が歓迎の意味で街中の建物をピンク色に塗ったことから、現在のピンクシティが生まれました。

実際はピンクというより茶色に近いですが、エキゾチックな雰囲気で見ごたえがあります。

ジャイプールの街は城壁で囲まれた旧市街と、その周りに広がる新市街に分かれています。

ジャイプールの「プル」は「城壁に囲まれた町」という意味があり、街の形を表しています。

気候は砂漠に近い乾燥地帯のため、デリーよりもカラッとしています。

しかし暑季は気温が50度近くになることも。暑さ対策は万全にしておきましょう。

ジャイプールの治安

北インドは全体的に治安が悪いことで有名ですが、ジャイプールは日本人がよく行くゴールデントライアングル(デリー・アグラ・バラナシ)の中ではマシな方です。

デリーのように集団で騙してくる詐欺師はあまりいません。

フレンドリーな人も多いので、デリーほど嫌な目には遭わないでしょう。

しかし観光客が集まる都市だけあって、用心に越したことはありません。

リキシャやお土産物屋では、相場以上の金額をふっかけてくるインド人も多いので注意しましょう。

インドの治安ってどう?危険な目に遭わないためにすべきこと

スポンサーリンク


見どころ・観光スポット

ジャイプールの見どころ・観光スポットを紹介します。

ジャイプールにある世界遺産はジャンタル・マンタル(天文台)アンベール城の2つ。

また、ランドマークとなっている風の宮殿、シティ・パレスも見逃せないスポットです。

最近は郊外にあるチャンドバオリ(階段井戸)もインスタ映えするとあって人気があります。

風の宮殿(ハワー・マハル)

風の宮殿

旧市街の真ん中に建っているのが、ジャイプールのシンボル的存在の風の宮殿(ハワー・マハル)です。

ピンク色に塗られた5階建ての建物には953の小窓があり、かつては宮廷の女性がここから街を眺めていたと言われています。

正面の絢爛さとは裏腹に、中に入ると薄っぺらい構造に驚きます。

風の宮殿

風の宮殿の前にはジョーハリー・バザールというバザールがあり、露店での買い物が楽しめます。

ジャンタル・マンタル天文台やシティ・パレスも近くにあるので、一緒に観光して回るといいでしょう。

風の宮殿(ハワー・マハル)

定休日
祝日
入場料
200ルピー(約300円)

シティ・パレス

シティパレス

シティ・パレスは現在もマハラジャが住む宮殿です。1726年にサワーイ・ジャイ・スィン2世よって建てられました。

赤と白で彩られた主殿のチャンドラ・マハルは圧巻。月光のように輝く宮殿は、別名「月の宮殿」とも呼ばれています。

中は一部が博物館になっており、マハラジャの衣装や宮中で使われた楽器などが展示されています。

シティ・パレス

定休日
ホーリー
入場料
400ルピー(約600円)

ジャンタル・マンタル(天文台)

ジャンタル・マンタル

ジャイプールの街を築いたマハラジャ、サワーイ・ジャイ・スィン2世によって造られた天文台がジャンタル・マンタル

中には16の観測儀があり、日時計や星座を計る用途で現在も使われています。

さまざまな形の観測儀はまるで現代アートのオブジェのよう。

ジャンタル・マンタル

同様のものがデリー、ウッジャイン、バラナシにありますが、ジャイプールのものが最大で有名です。

2010年には世界遺産にも登録されています。

ジャンタル・マンタル(天文台)

定休日
ホーリー
入場料
200ルピー(約300円)

アンベール城

アンベール城

ジャイプールから北東へ11km、ラージプートのマハラジャが築いた城がアンベール城

世界遺産にも登録されているこの城は、ジャイプール観光のハイライトです。

中には世界一美しい門と言われるガネーシャ・ポール、壁面の装飾が見事なジャイ・マンディルなどがあり、鏡が埋め込まれた鏡の間は息をのむ美しさです。

アンベール城

アンベール城は郊外にあるので、自分で行くよりもオプショナルツアーを使った方が行きやすいです。

オプショナルツアーではアンベール城名物の「象のタクシー」に乗れるツアーもありますよ。

ジャイプールのオプショナルツアーを見る

アンベール城の象のタクシー

アンベール城までの道は、象のタクシーに乗ることができます。

象の背中に揺られる姿は、写真に撮れば思い出に残ること間違いなし!

料金は1頭1,100ルピー(約1,650円)で、二人一組で乗れます。

ツアーに参加するとガイドが二人組を作ってくれるので、うまく活用するといいでしょう。

アンベール城へはツアーを使うのが行きやすいですが、自分で行く人は市バスを利用しましょう。

市バスは風の宮殿近くのバス停から出ており、所要時間は約30分。料金は10ルピー(約15円)です。

アンベール城

定休日
無休
入場料
500ルピー(約750円)

チャンドバオリ(階段井戸)

チャンドバオリ

インド観光の穴場として人気を集めているのがチャンドバオリ。8~9世紀に作られた階段井戸です。

「落下の王国」や「ダークナイトライジング」など映画のロケ地にもなっています。

井戸の底へ向けて作られた階段の幾何学的な造形美は圧巻! まるでドラクエのダンジョンのような雰囲気にワクワク感が止まらないでしょう。

チャンドバオリはジャイプールとアグラの間にあり、個人旅行では非常に行きにくい場所にあります。

行くならスケジュールに組み込まれたパックツアーを利用するのがラクです。

デリー・アグラ・ジャイプールのゴールデントライアングルを巡るツアーの中には、チャンドバオリに立ち寄るツアーがあります。

HISにはアグラ~ジャイプールの移動中にチャンドバオリに立ち寄るツアーがあるのでおすすめです。

HISのインドツアーを見る

チャンドバオリ

定休日
無休
入場料
無料
スポンサーリンク


ジャイプールへの行き方

ジャイプールの地図

デリーからジャイプールへは飛行機・鉄道・バス・車での移動になります。

一番便利なのは飛行機で、エアインディアからLCCまで多くの便が就航しています。

飛行機や電車を使えば日帰り観光も可能ですが、かなりバタバタしたスケジュールになってしまいます。

郊外のアンベール城へ行くためにも最低1泊はした方がいいでしょう。

飛行機・鉄道・バス・車でのジャイプールへの行き方を解説しますね。

飛行機

飛行機だと、デリーからジャイプールまでは所要時間45分~1時間。

デリーからはジェットエアウェイズが1日3~5便、スパイスジェットが1日1~2便、インディゴとエアインディアが週6便、就航しています。

飛行機は便数も多く、最も移動時間がかかりません。短い日程の旅行なら、ぜひ利用した方がいいでしょう。

インド行き航空券を安く買うには 後悔しない飛行機の選び方

ジャイプール空港から市街への行き方

ジャイプールの空港は市街から15km離れたジャイプール国際空港です。

空港から市内へはバスや地下鉄がないので、オートリキシャかタクシーで行くことになります。

空港から市の中心部へはタクシーで約30分。料金は450~500ルピー(約675~750円)が相場です。

料金交渉が不安な人は、あらかじめホテルまでの送迎サービスを手配しておくといいでしょう。

ジャイプール国際空港

鉄道

ジャイプールへ鉄道で行くには特急列車を使います。

シャタブディ・エクスプレス(SHATABDI EXPRESS)という特急列車が、デリー~ジャイプール間を4時間半で結んでいます。

ニューデリー駅を6:05に出発すれば、10:35にジャイプール駅に着くことができます。

シャタブディ・エクスプレスはインドの列車と思えないぐらい清潔で快適です。食事もついてるので、インドの車窓を見ながらゆったりと列車の旅が楽しめますよ。

↓シャタブディ・エクスプレス
シャタブディ・エクスプレス

ただし、デリーとジャイプールを結ぶシャタブディ・エクスプレスは、この6:05の便しかありません。

それ以外だと、オールドデリーのデリー駅から出ている急行を使うことになります。

また、アグラからジャイプールへ行く場合も、1日1~2便の急行に乗ることになります。

インドの鉄道 列車の乗り方・予約のしかた・安全ガイド

バス・車

バス・車で行くと、デリーからジャイプールまでは約5時間。アグラからは約5時間半かかります。

正直なところ、現地でバスや車を手配するのはおすすめしません。現地の旅行会社だと、エアコンがなかったり思ってたのと違うものを案内されるトラブルも多いからです。

車で行くなら事前にチャーターしておくか、旅行会社のオプショナルツアーを利用するのをおすすめします。

ジャイプールのオプショナルツアーを見る

ジャイプール観光モデルコース

ジャイプール観光

ジャイプールの観光地は旧市街に集まっています。風の宮殿、シティ・パレス、ジャンタル・マンタルは近くにあるので、3時間ほどで見て回れます。

ただ、アンベール城は郊外にあるので、行くには丸1日欲しいところです。

主要な観光スポットを制覇するなら、ジャイプールの滞在日数は1日半を目安にプランを立てるといいでしょう。

ジャイプール観光モデルコース(1日半)

  1. 午前中にアンベール城を観光
  2. 午後に風の宮殿、シティ・パレス、ジャンタル・マンタルを観光
  3. そのまま旧市街を散策
  4. 翌日はアグラへ移動する途中にチャンドバオリへ立ち寄る

ジャイプール市内の移動はリキシャが中心になります。

地下鉄もありますが、観光地までつながっていないのであまり利用することはありません(2019年現在)。

ジャイプール観光地図

ジャイプール観光地図

滞在エリア

ジャイプールの観光スポットは旧市街に集まっていますが、ホテルが多いのはジャイプール駅周辺の新市街です。

高級ホテルも格安ホテルも、ジャイプール駅東側から伸びるStation RoadとM.I.roadの周辺に集まっています。

なので、拠点にするのは新市街で、観光するときはリキシャで旧市街まで行く、というパターンが多いと思います。

また、ジャイプールにはマハラジャの邸宅を改築した宮殿ホテルが何件かあります。

贅の限りを尽くした宮殿ホテルは、インドとは思えないおもてなしで、非日常を味わいたい人には最適。

ジャイプールの高級ホテル

日本の半分ほどの価格で泊まれるので、せっかくだから王様気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ジャイプールのホテル事情 高級&格安おすすめホテル8選

ショッピングエリア

買い物をするなら新市街のM.I.roadにショップやレストランが集まっています。

銀行や映画館、マクドナルドにケンタッキーもあるので、買い物のついでに食事も楽しめます。

また、ジャイプールは宝石の街としても有名。

M.I.roadには宝石店で有名なジュエルズエンポリウムジェムパレスがあります。

女性はあれこれ見て回るだけでも楽しいんじゃないでしょうか。

宝石

逆にチープなお土産を探したい人は、旧市街のバザールを物色しましょう。

現地の人と値切り交渉するのも、旅の楽しみのひとつだと思います。

ジャイプールへのツアー

ジャイプールへ行くには、日本から多くのパックツアーが出ています。

中でもHISは、最近話題のチャンドバオリ(階段井戸)を組み入れたツアーがあります。

HIS

チャンドバオリを組み入れたツアーは、ジャイプールとアグラの移動区間でチャンドバオリとファテープル・シークリーという2大観光スポットに立ち寄ります。

個人旅行では行きにくい場所へ行ってくれるので、HISのツアーはおすすめです。

HISのインドツアーを見る

個人旅行でデリーからジャイプールへ行くなら、オプショナルツアーを利用するのもいいでしょう。

現地のオプショナルツアーならガイドが案内してくれ、チケットの購入などで迷うこともありません。

インド現地オプショナルツアーの選び方!安全な旅行会社一覧

オプショナルツアーの中ではVELTRAが、ジャイプール行きのツアーを多く扱っています。

VELTRA

VELTRAは現地ツアー専門の旅行会社。オプショナルツアーの数が大手よりも豊富なのが特徴です。

日帰りツアーもあれば、アグラ・デリーを周遊するプランもあり、スケジュールに合わせてツアーが選べます。

日本語ガイドと食事つきだから、迷うこともなくて安心。

効率的にジャイプールを観光したいなら、利用価値はありますよ。

ジャイプール行きのオプショナルツアーを見る

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

インドツアー

インド通の管理人が教える、どこよりも詳しいインドツアー解説。

旅のスタイルごとにおすすめのツアーを紹介しています。

インドツアーの選び方

ひとり旅 | 女性向け | 現地オプショナルツアー


インドのホテルはヤバい!?

インドのホテル

予約前に知っておきたい、インドのホテルの実態。

日本人評価の高いおすすめホテルも教えます。

インドのおすすめホテル

デリーのホテル | アグラのホテル | ジャイプールのホテル | バラナシのホテル | 宮殿ホテル


航空券を安くゲットする!

航空券

航空券を安く買うには最低価格保証のサプライスがおすすめ。

インド行き航空券を最も安く買う方法を教えます。

インド行き航空券を安く買うには


旅行会社選びに迷ったら…

治安の悪いインドでは、初心者は大手のパックツアーが安心。

とりあえずHISから選んでおけば間違いありません。

HISでインドツアーを探す