ポケトーク

74もの言語を瞬時に翻訳してくれる「夢の通訳機」ポケトーク。

明石家さんまさんのCMで一気に知名度が上がりましたよね!

そんなポケトークを使うには、海外WiFiと一緒にレンタルするのが安くて手軽です。

しかし、レンタルだと「すぐに使いこなせるだろうか?」「いきなり現地で使えるだろうか?」と心配している人もいるんじゃないでしょうか。

そこで、実際にポケトークをレンタルして海外で使ってみたので、感想と口コミをお話します。

僕がレンタルしたのはイモトのWiFi。

イモトのWiFiは1日500円(税抜)という業界最安値でポケトークをレンタルすることができます。

イモトのWiFi

イモトのWiFiの詳細を見る

僕は韓国旅行でポケトークを使ってみました。

レンタルで使いこなすことができたのか、実体験レポートをします。

これからポケトークを借りようと思ってる人は参考にしてください。

スポンサーリンク


レンタルしたポケトークの中身

ポケトークは海外WiFiレンタルのオプションとして借りるのが一般的です。

イモトのWiFiでは、さまざまなオプションの一つとしてポケトークをレンタルすることができます。

申し込むと空港でレンタルWiFiとポケトークを渡されます。

このように1つのポーチにまとめられているので、かさばらないのがありがたいですよね。

イモトのWiFi

まずはWiFiルーターの方から見ていきましょう。

イモトのWiFiのルーターは非常にコンパクトです。

このように手のひらに収まるサイズで、まさにポケットに入れて持ち運べます。

WiFiルーター

WiFiの設定は簡単にできました。

ルーター本体に書かれているSSIDとパスワードをスマホに入力するだけなので、普段WiFiを使ってる人ならすぐできるでしょう。

イモトのWiFiは説明書がとても分かりやすいから、機械が苦手な人でもすぐに使いこなせると思いますよ。

イモトのWiFiの説明書

では、ポケトークの方を見ていきましょう。ポケトークも同じポーチの中に入っています。

画面に傷があったり、だいぶ使用感がありますが、レンタルだからしかたないですね。

ポケトーク

ポケトークにもマニュアルがついています。

オリジナルのマニュアルだから、必要な部分だけ書いてあって分かりやすいのがいいところ。

余計な機能の説明を省いてくれてるのがありがたいです。

ポケトークのマニュアル

ポケトークのマニュアル

イモトアヤコのキャラクターがアクセントになってますね(笑)。

イモトのWiFiは、とにかく説明書が分かりやすいのが素晴らしいです。

ただ、最新型のポケトークWはタッチパネルになってるので、WiFiのパスワードを打つのにちょっと苦労しました。

画面が小さいから、指でキーボードをタッチしにくいのです。

僕は何度か入力をミスってしまいました……。

WiFiのパスワード

とはいえ、マニュアル通りに設定すれば2~3分で完了ました。

もうこれですぐに使えます。一度WiFiルーターに接続すれば、あとはつなぎっぱなしでOK。

スタンバイ状態にしておくことで、使いたいときにサッと取り出して使うことができます。

ルーターには5台まで機器を接続できるから、スマホも同時に使えますよ。

イモトのWiFiでポケトークを借りてみる

ポケトークの使い心地

というわけで、さっそくポケトークを使ってみました。

使い方はすごく簡単でした。ボタンを押しながらしゃべるだけ。

これだけで長文も見事に翻訳されます。一瞬でカンペキに翻訳されて、その精度と早さに驚きました。スゴイ!

大阪弁もきれいに翻訳されてるのがビックリですね!

ポケトークはインターネットにつないだAIが学習していくので、翻訳精度は時が経つにつれ向上していきます。

なまりや活舌の悪さもAIが修正してくれて、どんな翻訳機よりも正確だなぁと感じました。

手持ちのWiFiルーターにつないでいるから、通信もまったく遅延なし。

ものすごい速さでサクサクと翻訳されていきました。

また、最新型のポケトークWは画面が大きくて過去の会話を確認できるのもいいところです。

何を話したか画面で確認できるので、相手のしゃべった内容を正確に理解することができます。

ポケトークの会話

バッテリーも余裕で持ちます。

連続待受時間は240時間、翻訳は7時間連続で行えるので、充電しておけば1日十分持ちます。

レンタルセットにはポケトーク用のアダプタと変換プラグがついています。

なので、別売プラグやモバイルバッテリーは必要ありません。

WiFiレンタルセット

気になったのは、現地の地名で少し誤変換があったところです。

「南大門市場へ行きたい」の翻訳が「何大門市場へ行きたい」となっていました。

このあたりは、まだまだAIの精度が上がる余地のある部分ですね。

ポケトークの誤変換

しかし気になったのはこれぐらいで、あとは正確で素早い翻訳ができていました。

さすがに韓国では日本語も通じるのでポケトークを使う機会はあまりなかったのですが、他の国だととても重宝すると思います。

「相手の言ってることがいつも聞き取れない」という人は、画面と音声で話の内容が分かれば世界が変わります。

話題性のある商品なので、海外旅行のお供に一度試してみるといいんじゃないでしょうか。

イモトのWiFiでポケトークを借りてみる

どこでレンタルするのがいいのか

ポケトークは海外WiFiルーターと一緒に借りるのをおすすめします。

今回はイモトのWiFiで借りましたが、このようにWiFiレンタル業者ではポケトークをオプションとして貸し出しています。

海外WiFiレンタル業者でポケトークが借りられるのは、「イモトのWiFi」「グローバルWiFI」の2社。

両社のポケトークのレンタル料金はこのようになっています。

業者名 価格(税抜)
グローバルWiFi 800円/1日
イモトのWiFi 500円/1日

ポケトーク自体のレンタル料は、イモトのWiFiの方が安いです。

イモトのWiFiなら1日500円という最安値でレンタルすることができます。

ポケトークをレンタルできる業者を比較!最安値と受取空港まとめ

しかし、グローバルWiFiはWiFiルーター自体のレンタル料が安いため、トータル費用ではグローバルWiFiの方が安く済むケースがあります。

グローバルWiFiはこのページから申し込むと通信料1,000円割引(合計通信料4,000円以上が対象)+空港受渡手数料無料の特典が受けられるので、全体の費用が抑えられるからです。

なので、申し込むときはグローバルWiFiとイモトのWiFiで料金を比較して、安い方を選ぶといいでしょう。

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFiはポケトークのレンタル料は高いものの、WiFi本体のレンタル料が安いので、総額では安くなるケースが多いです。

↓ここから申し込むと通信料1,000円割引(合計通信料4,000円以上が対象)+空港受渡手数料無料になるので、一度見積もりをしてみてください。

グローバルWiFiの料金を見る

イモトのWiFi

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、ポケトークのレンタル料のみでは業界最安値です。

ただし、総額では高くなることがあるので、グローバルWiFiと料金を比べてから申し込みましょう。

見積もりは↓こちらから簡単にできます。

イモトのWiFiの料金を見る

ポケトークレンタルの口コミまとめ

というわけで、ポケトークをレンタルしたときの口コミをお話してきました。

ポケトークを使ってみたい人は、まずレンタルから始めてみてはいかがでしょうか。

購入前のお試しとして使い心地を試すのもいいと思いますよ。

ちなみにポケトークは楽天やAmazonでも販売しているので、購入したい人は↓こちらも参考にしてください。

一度ポケトークを使ってみると、現地での会話がいっそう楽しくなるはずです。

いつもの海外旅行とは違う楽しさを味わってみてくださいね!

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!