インドの気候

インドというと「暑い国」というイメージが強いんじゃないでしょうか。

しかし、インドは一年中暑いわけではありません。冬は長袖が必要になることもあるし、地域によっても気候は変わります。

インドには暑季・雨季・乾季の3つの季節があり、冬にあたる乾季が一番快適に過ごせます。

インド旅行のベストシーズンは11月~2月の乾季です。

といっても、暑季や雨季にまったく旅行できないというわけではありません。地域によっては快適な場所もあります。

では、季節ごとに気温や降水量はどう変わるのか? 地域によってはどう違うのか?

インドの気候・気温、さらに各地への旅行のベストシーズンについて解説します。

スポンサーリンク


インドの季節

インドの季節

日本に四季があるように、インドにも季節があります。

インドには暑季・雨季・乾季の3つの季節があります。

インドの季節

  • 暑季:3月~5月
  • 雨季:6月~10月
  • 乾季:11月~2月

暑季と雨季に旅行するなら、それなりの覚悟をしていかないといけません。

暑季は気温が50度まで上がることもあるし、雨季は湿度が高くて不快指数がすごいからです。

初めてインドを旅行するなら、11月~2月の乾季がおすすめです。

雨もほとんど降らないし、長袖のシャツが1枚あれば気持ちよく過ごせるでしょう。

インド旅行の服装【写真つき】男性・女性ピッタリの服はコレ!

それぞれの季節の特長をお話しますね。

暑季(3月~5月)

3月~5月は暑季と呼ばれ、インドの夏にあたります。

暑季は気温が40度を超えることはザラで、場所によっては50度に達することもあります。

熱風で焼けるような暑さを味わうので、しっかり準備をして行った方がいいでしょう。

この季節の旅行はかなり体力を消耗します。スケジュールを詰め込むのは避け、少しずつ休憩を入れながら観光しましょう。

服装は、肌を露出すると日差しで余計に暑く感じます。

薄手のブラウスなど長袖を羽織って日光を遮りましょう。帽子やサングラスも必要です。

デリー周辺の北インドは特に暑くなります。

しかし、ムンバイやゴアなど南インドはそこまでは暑くならないので、暑季に旅するなら南インドがおすすめです。

ベンガルールなどのデカン高原地方や、ダージリンなどのヒマラヤ山脈地方も、避暑地として暑季の観光には向いています。

雨季(6月~10月)

6月~10月がインドの梅雨にあたる雨季です。

ただ、日本の梅雨と違って一日中雨が降り続けるわけではなく、短時間にスコールのように降る感じです。

なので、まったく旅行ができないわけではありません。

デリーなどの北インドなら、雨の合間を狙って観光して回れるでしょう。

しかし、ムンバイなどの南インドはモンスーン(季節風)の影響を受けるため、大量の雨が降り注ぎます。

川の氾濫などで足止めを食らうこともありますし、蚊が大量発生すると衛生面もよくありません。

雨季はなるべく南インドへの旅行は避けた方が無難です。

湿度が高く不快指数がすごいので、服装は通気性の良い服を心がけましょう。

雨に濡れることも多くなるので、替えのズボンを用意しておいた方がいいです。

乾季(11月~2月)

11月~2月はインドの冬にあたる乾季です。

ちょうど日本の秋のような気候のため、旅行するのにベストな季節になります。

雨もほとんど降らないから、カッパや傘もいらず快適な旅が楽しめるでしょう。

ただし、朝晩はかなり冷え込み、気温が1ケタまで下がるときもあります。

レーなど北部山岳地帯は氷点下まで冷え込むので、さすがに旅行には適しません。

また、デリーなどの北インドでは霧が発生することも多く、交通機関に影響を与えることもあります。

暑いイメージのインドでも、乾季は長袖が基本です。

長袖シャツに防寒対策としてパーカーなどの上着があるといいでしょう。

特に夜行列車に乗る際は、朝晩の冷え込みに注意してください。

スポンサーリンク


地域ごとの気候

国土が広大なインドでは、地域によって気候に特長があります。

基本は暑季・雨季・乾季の3種類ですが、北と南ではだいぶ雰囲気が異なります。

インド主要都市の気温・降水量を見ていきましょう。

インドの地域

デリー(北インド)

デリーの気温・降水量

デリーは季節によって寒暖差が激しいのが特徴です。

3~5月の暑季は過酷で、最高気温は40度近くまで上がります。

逆に11~2月の乾季は最低気温が10度以下まで下がります。

6~10月の雨季は他の月より降水量が多いのですが、それほどひどいわけではなく、東京の6月~9月とさほど変わりません。

最も観光に適しているのは11~2月の乾季。次いで6~10月の雨季です。

北インドにあるアグラ、ジャイプール、バラナシといった観光地もほぼ同様の気候です。

ムンバイ(南インド)

ムンバイの気温・降水量

ムンバイのある南インドは年間を通じて高温多湿。乾季でも気温はそんなに下がりません。

6~10月の雨季はモンスーンの影響を受けるので、他の地域よりも雨がたくさん降ります。降水量はデリーの3倍にも及びます。

雨季の南インドは危険をともなうので避けた方がいいでしょう。逆に、暑季ならデリーほど過酷な暑さではないから、旅行できないことはありません。

観光に適しているのは11~2月の乾季、次いで3月~5月の暑季です。

ちなみにムンバイより南のゴアやコチなどは、さらに気温変化の少ない環境になります。

コルカタ(東インド)

コルカタの気温・降水量

東インドのコルカタは、デリーよりいくぶん寒暖差がマシです。

3~5月の暑季でも最高気温は30度台。しかし湿気があるので、不快指数は高いでしょう。

また、6~10月の雨季はデリーよりも降水量が多くなります。だいたい東京の2倍ぐらいの降水量です。

観光のベストシーズンはやはり11~2月の乾季です。

暑季と雨季は微妙ですが、ダージリンまで北上すれば気温も低く、暑季でも避暑を楽しめるようになります。

ベンガルール(高原地方)

ベンガルールの気温・降水量

ベンガルールはデカン高原に位置するサバナ気候の地域です。

年間を通じて20度前後の爽やかな気候をしていて、雨季の降水量もさほど多くはありません。

暑季には30度を超えますが、湿気が少ないので他のエリアのような不快感はありません。

インドでは珍しく、年中快適に過ごせる地域です。

季節・地域に合った服装を心がけよう

季節に合った服装

このように、インドは季節や地域によって気候がガラッと変わります。

それぞれの気温や降水量を見て、その季節・地域に合った服装で楽しんでください。

日本人には過酷な時期もあるので、注意してくださいね。

ちなみに季節ごとにどんな服装をすればいいかは、下の記事を参考にしてください。

インド旅行の服装【写真つき】男性・女性ピッタリの服はコレ!

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

インドツアー

インド通の管理人が教える、どこよりも詳しいインドツアー解説。

旅のスタイルごとにおすすめのツアーを紹介しています。

インドツアーの選び方

ひとり旅 | 女性向け | 現地オプショナルツアー


インドのホテルはヤバい!?

インドのホテル

予約前に知っておきたい、インドのホテルの実態。

日本人評価の高いおすすめホテルも教えます。

インドのおすすめホテル

デリーのホテル | アグラのホテル | ジャイプールのホテル | バラナシのホテル | 宮殿ホテル


航空券を安くゲットする!

航空券

航空券を安く買うには最低価格保証のサプライスがおすすめ。

インド行き航空券を最も安く買う方法を教えます。

インド行き航空券を安く買うには


旅行会社選びに迷ったら…

治安の悪いインドでは、初心者は大手のパックツアーが安心。

とりあえずHISから選んでおけば間違いありません。

HISでインドツアーを探す