海外デビットカード

最近CMでもよく目にする海外デビットカード。

「海外旅行に持っていこうかな」と気になってる人もいるのではないでしょうか。

でも、クレジットカードやプリペイドカードとは何が違うのでしょうか?

海外デビットカードは銀行口座から即時に引き落としがされるカードです。そのため、使用は口座残高の範囲内に限られます。

使い方はクレジットカードと同じ。買い物で決済したり、ATMで現地通貨を引き出すことができます。

クレジットカードが使える店・対応のATMならどこでも使えるので、クレジットカードの代わりに持っていくのもいいでしょう。

しかも与信審査がなく、未成年やクレジットカードが持てない人でも作れるのがメリット。

ただし作りやすい分、海外での使用は制約が伴います。

そこで、海外デビットカードの使い方とメリット・デメリットを分かりやすく解説しますね。

スポンサーリンク


海外デビットカードとは

海外デビットカードは国内でも海外でも利用できるデビットカードです。

デビットカードというと日本人にはなじみが薄いですが、ヨーロッパなどではクレジットカードよりも普及しています。

キャッシュレス化の進んだ国に行くなら、ぜひ持っておきたい1枚ですね。

デビットカードの特徴は銀行口座から即時に引き落としがされる点と、使用が口座残高の範囲内に限られる点です。

口座残高以上は使用できないので、クレジットカードのように「使いすぎて請求額を払えない!」なんてことがありません。

主に15歳以上から作ることができ、発行に審査が不要なのもメリット。

子供の留学や修学旅行に親が持たせるのにも向いています。

J-Debitとは別物

J-debit

日本国内にはJ-Debitと呼ばれるサービスが存在します。

これは皆さんが持っている銀行のキャッシュカードがそのままデビットカードとして使えるサービスのことで、日本固有のサービスです。

J-debitと海外デビットは別物です。

銀行のキャッシュカードを海外へ持っていっても使えませんので、注意してください。

国際ブランドはほぼVISA一択

VISA

国内で発行できるデビットカードには、VISAデビットJCBデビットがあります。

しかし海外で使うなら、国際ブランドはほぼVISA一択になるでしょう。

というのも、海外ではVISAの使える店の方が圧倒的に多いからです。

アジア圏ならJCBも使えますが、アメリカやヨーロッパへ行くなら加盟店数の多いVISAを選んだ方が無難でしょう。

海外の国際ブランドの加盟店数
国際ブランド 加盟店数
VISA 3850万店
JCB 2500万店

なお、マスターカードのデビットカードも以前はありましたが、現在は国内で発行できるマスターカードのデビットカードはありません。

手数料

デビットカードを国内で利用する分には手数料はかかりません。また、多くのデビットカードは発行手数料・年会費が無料です。

ただし海外で利用する分には、買い物で決済手数料、ATMではATM利用手数料がかかります。

決済手数料は約1.5~3%、ATM利用手数料は200円ほど。これらの手数料が国際ブランドが定める為替レートにプラスされます。

デビットカード海外利用時の手数料

  • 買い物での決済手数料・・・約1.5~3%
  • ATMでの引き出し手数料・・・約200円

国際ブランドが定める為替レートは空港や両替所のレートより良いことが多く、デビットカードを利用すれば現金で両替するよりもたいてい得します。

現金での両替を最小限にしてデビットカードをメインで使えば、現地での費用を節約することができます。

海外デビットカードのメリット・デメリット

海外デビットカードのメリット

海外デビットカードのメリット・デメリットをまとめました。

まずはメリットを紹介します。

海外デビットカードのメリット

  • 与信審査が必要ない
  • 銀行の口座残高の範囲内しか使えないので、使いすぎを防げる
  • 即時引き落としなので、使ったその場で利用履歴が分かる
  • クレジットカードと同じように現地の店やATMで使える
  • 日本国内でもクレジットカードと同じように使える
  • 盗難や不正利用への補償がついているから、現金を持ち歩くより安全
  • 一部のデビットカードではポイントも貯まる

一番のメリットは与信審査がないことです。ブラックの人や18歳未満の未成年でもカードを作ることができます。

海外旅行にクレジットカードなしで行ける?作れない人の代わりの手段3つ

また、盗難や不正利用への補償がついているから、現金を持ち歩くより安全です。

そして即時引き落としで利用履歴をチェックできるから、クレジットカードだとつい使いすぎてしまう人にはありがたいですよね。

続いてデメリットも紹介します。

海外デビットカードのデメリット

  • 銀行口座を作らないといけない
  • ホテルやレンタカーの利用に使えないことがある
  • クレジットカードより手数料が高いことが多い

デメリットは銀行口座を開設しないと作れないことです。発行には多少手続きが面倒に感じるかもしれません。

また、デビットカードは海外のホテルやレンタカーの利用には使えないことがあります。

これは与信審査のないデビットカードは、クレジットカードより信頼性に劣るためです。

海外のホテルやレンタカーでデビットカードを使うと、店側は取りっぱぐれを防ぐために高額なデポジットを要求することがあります。

何も問題が起きなければデポジットは返却されますが、そういう不便があることは知っておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク


クレジットカード・プリペイドカードとの違い

海外デビットカードと似たもので海外プリペイドカードというものがあります。

海外プリペイドカードは事前に現金をチャージして使います。

銀行口座を開設しなくてもいい分、デビットカードより手軽ですが手数料は少し高めです。

クレジットカード・海外デビットカード・海外プリペイドカードの違いを一覧にしました。

クレジットカード 海外プリペイドカード 海外デビットカード
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズクラブ、銀聯(ぎんれん)、Discover VISA、MasterCard、JCB VISA、JCB
審査 あり なし なし
年齢制限 18歳以上 主に15歳以上 主に15歳以上
支払い方式 銀行口座から後日引き落とし チャージ金額から引き落とし 銀行口座から即時引き落とし
支払い回数 一括・分割・リボ払い 一括のみ 一括のみ
決済手数料 約1.5~2% 無料~4% 約1.5~3%

3つを比較すると、一番海外で活用できるのはクレジットカードです。

海外旅行保険が付帯していたり手数料が安かったり、クレジットカードにしかないメリットは多いです。

海外デビットカードと海外プリペイドカードは、クレジットカードの代用手段と考えておくといいでしょう。

ちなみに国際キャッシュカードというのもありますが、ATM利用はできても買い物で利用できないため、現在ではあまり普及していません。

海外プリペイドカード比較!実際に使って分かったメリット・デメリット

おすすめの海外デビットカード

海外デビットカードを発行するには、まず銀行口座を開設する必要があります。

すでに銀行口座を持っている人なら、使っている銀行でデビットカードを作るのが一番手っ取り早いでしょう。

海外デビットカードが作れる銀行

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ソニー銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、あおぞら銀行 など

ただし、大手都市銀行のデビットカードはコストが高めです。

たとえば三菱UFJ銀行のデビットカードは年会費が1,000円(税抜)かかりますし、三井住友銀行のSMBCデビットはATM引き出し手数料が108円(税込)かかります。

同じ海外デビットカードを作るなら、ネット専業銀行がおすすめです。

ネット専業なら入会金・年会費無料海外ATM利用手数料が無料の銀行がほとんどなので、余計なコストがかかりません。

さらにポイントがついたり、帰国後も国内で使いやすいのがメリット。

このように国内でも海外でも使いやすいおすすめの海外デビットカードを紹介します。

ジャパンネット銀行Visaデビット

ジャパンネット銀行Visaデビット

国際ブランド VISA
年齢制限 15歳以上
入会金・年会費 無料
決済手数料 3.02%(税込)
現地ATM引き出し手数料 無料(一部有料)

ジャパンネット銀行Visaデビットは、国内・海外のVISA加盟店とATMで使えるデビットカード。

現地ATM引き出し手数料が無料(一部有料)だから、現金を両替するより安く現地通貨を手に入れることができます。

ネット専業銀行だから、スマホで残高確認しやすいのもいいところ。

ジャパンネット銀行の口座を開設するとVisaデビット機能つきのキャッシュカードが送られてくるので、まずは口座開設をしましょう。

ジャパンネット銀行の口座を開設する

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行デビットカード

国際ブランド VISA
年齢制限 16歳以上
入会金・年会費 無料
決済手数料 3.024%(税込)
現地ATM引き出し手数料 無料(一部有料)

楽天銀行デビットカードは、海外での使用でもザクザクポイントが貯まるデビットカード。100円の支払いで楽天スーパーポイントが1pt貯まります。

貯まったポイントは1pt=1円でデビットカードの支払いに使うことが可能。帰国後も日本でお得に使えるカードなんです。

楽天銀行のデビットカードにはVisaとJCBがありますが、海外で使いたいならVisaがおすすめです。

キャッシュカード選択画面で「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」を選びましょう。ベーシックカードなら年会費もかかりません。

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行は楽天トラベルなど楽天のサービスと相性がいいので、作っておいて損はないと思います。

楽天銀行の口座を開設する

住信SBIネット銀行デビット

住信SBIネット銀行デビット

国際ブランド VISA、MasterCard
年齢制限 15歳以上
入会金・年会費 無料
決済手数料 2.5%(非課税)
現地ATM引き出し手数料 無料(一部有料)

住信SBIネット銀行デビットは、数あるデビットカードの中でも海外決済手数料が非常に安いカードです。

手数料が3~4%のカードが多い中で、2.5%という安さを誇っています。

しかも外貨預金口座(米ドル)で決済すれば決済手数料がポイントでキャッシュバックされるので、実質決済手数料無料で利用することが可能です。

VISAとMasterCardのどちらも選べるのもいいところ。

海外でなるべく安くデビットカードを使いたいなら、ぜひ候補に入れたいカードです。

住信SBIネット銀行の口座を開設する

海外デビットカードの使い方

海外デビットカードの使い方

海外でのデビットカードの使い方を解説します。

海外でデビットカードを使えるのは、VISAなら「VISA」マークのある店か「VISA」「PLUS」マークのあるATMです。

JCBなら「JCB」マークのある店か「JCB」「Cirrus」マークのあるATMで使えます。

買い物で使うとき

デビットカードの買い物での使い方はクレジットカードと同じです。

店ではわざわざ「デビットカードで」と言う必要はありません。

「デビットカードで」と言うと店員が現地のデビットカードと混乱してしまうので、「VISAで」と言えばOK。

また、海外には支払い方法を選べるシステムがないので、支払い回数を聞かれることもありません。

「一括払いで」「分割払いで」と伝えるのは、日本だけのシステムなんですね。

デビットカードで支払うときの英語での言い方

○ Visa,please(ビザで)
× debit,please(デビットカードで)

デビットカードを切ってもらったら、暗証番号(PIN)を入力します。これで決済は完了です。

ATMで使うとき

デビットカードを使えばATMから現地通貨を引き出すこともできます。

海外ATMの使い方は海外ATM使い方ガイド | Visaで確認できます。英語対応と日本語対応のATMがあるので事前にチェックしておきましょう。

ATMからの引き出しは、クレジットカードのようにキャッシングをしているわけではありません。なので、日本に帰ってから繰り上げ返済をする必要もありません。

というわけで、海外デビットカードの分かりやすい解説でした。

デビットカードを上手に使って、海外旅行をお得に楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!